人生初バンジー@竜神大吊橋~その①~

6/20はもみじ定休日を利用しまして、人生初のバンジージャンプをするべく、茨城県は竜神大吊橋に行って参りました。

こーんなところ。

 

書き出しが軽やかだし、バカだしで、よっぽどの高い所好きだろうと思われたかもしれませんが、めっそうもございません。
超超超超腸高いところが苦手でございます。
吊り橋どころか、道路にかかる歩道橋でさえ、手すりに掴まらなければ端っこは通れませんし、真ん中だって上なんて向こうものならふらふら~っとなります。

僕にとっての最強絶叫マシンは、これですよ。
東京ドームシティでお馴染みのスカイフラワー。

想像するだけで、肛門がふわっふわしてきます。

 

では、なぜ行ったのか?

 

僕は、普段お客様に、「元気が一番!」なんちゃって励ましたり、時には「大丈夫!」なんて、しゃーしゃーと慰めの言葉なんかをかけちゃったりするんですよ。
そんな僕が、たかが高いところを怖がって、肛門をふわっふわさせていて良いのでしょうか?

そんな矛盾したダサい自分をぶっ壊すために、行くことを決めました。
気が変わらないうちに、予約サイトからポチッとしてやりました。

予約サイトはこちら。
BUNGY JAPAN

 

決めてからは、いちおー整体師らしく、心も体も整えてみました。
詳しくは企業秘密としてお教えはできませんが、一つだけ、僕がしたこと、飛ぶまでに検証したことをお教えします。
言葉の力です。
でも、僕が普段しゃーしゃーと使っていた、『勇気』やら『根性』やら『気合』だとか、『おりゃーっ!』とか、『1、2、3、ダー!』なんてものは、全っ然効果がありませんでした。(あくまで僕の場合です。)
それでも何か無いのかねと探していると、1つ見つけることができました。

 

それは
守る
です。

 

守ると言っても、守りに入るみたいなネガティブなやつじゃなくて、誰かを守るみたいな方です。
ちょっとかっこつけてるみたいですが、これがホントに自分でも不思議なくらいに、上がっていた気も下がり、ググッとお腹に力が入るんですよ。

『守る』
これは、この先自分の人生において、何かキーワードになるような気がしました。
飛べる!そう思いました。

皆様を守るために、僕、飛びます!!

 

飛ぶ直前

集中。

 

見ちゃいられないからと、付き添ってはくれなかった奥ちゃまが、用意してくれたTシャツ。

かえるのように飛べということでしょうか。

 

テイ~~~ク

オフッ!!

so you don’t have to worry worry~♪
守ってあげ~たい~♪

by 松任谷由美

 

生還!

 

ハイっ!
突然ですが、総括です。
余韻に浸る間もなく、残酷にも、この繰り返し繰り返しで、人生はあっという間なのでしょう。

【総括】

●この度、無事に飛ぶことはできましたが、高さ一つにとっても、もちろんもっともっと高いところはありますし、また、シチュエーションが変わるだけで怖さの質も変わります。
そもそもどんなことにでも挑戦には怖さはつきもので、安心なんてものはなく、一生続くのではないでしょうか。

●飛ぶ直前まで、心も体も調整をし、万全を期していたつもりですが、いざジャンプ台に立つと、全身の気も上がり、肛門はふわっふわして、結局最後はやけっぱちです。
準備はあまり意味がありません。
(それでもその場で『守る』と念じられた自分は、ちょっとだけ褒めてあげたい。)

●「綺麗なジャンプですね。」といろいろな方に言われましたが、なぜそのようなジャンプができたのか?
そもそもできると思ってませんでしたから、スタッフの方々をとことん信じ、言われたことをそのままにしたからです。
視線は下げるな。
上に飛べ!

●一発で行けたから飛べたんだと思います。
一瞬でも躊躇したら、このようには飛べなかったと思います。
人生におけるチャンスを掴むというのも、こんな感じなのでしょうか。
(たくさん逃したなぁ…)

 

あ、あと最後に、竜神バンジーにご興味を持たれた方に、一つアドバイスがあります。
飛び立つ時のスタッフのカウントダウンのペースが、ちょー早いっす!
心の準備もへったくれもありません。

5~! (ご~!)
4~! (よ~ん!)
3~! (さ~ん!)
2~! (に~!)
1~! (い~ち!)
バンジー!

ではなく

5!4!3!2!1!バンジー!
(ごっ!よっ!さっ!にっ!いっ!バンジー!)です。

人生のチャンスを掴むのも、きっと一瞬なんですね。

 

東急世田谷線若林駅徒歩0分
浅草整体もみじ部屋
桐原浚慈

コメントを残す